1. TOP
  2. お客様の声
  3. 母の脳梗塞。家のリフォームに給付金を使いました。

お客様の声 お客様の声

母の脳梗塞。家のリフォームに給付金を使いました。(吉田様 38歳女性)

突然、脳梗塞で倒れてしまったお母様。
運良く一命をとりとめたものの、後遺症が残ってしまいます。
お子様が相談し、保険の給付金を使って自宅のリフォームを行なうことに。
今回は、娘様より感謝のお手紙を頂きました。

吉田様のお持ちの保険

吉田様からのお手紙

お手紙をいただいたお客様のイメージ画像ゴールデンウィークの初日。突然母が倒れました。
何が何だかわからないまま、慌てて救急車を呼び病院へ搬送してもらいました。
気が動転したのと不安でいっぱいだったため、大阪に住んでいた兄にも連絡し、横浜まで駆けつけてもらいました。

倒れた原因は脳梗塞。
運良く一命はとりとめたものの、右側の手足が麻痺して動けなくなってしまったのです。
リハビリを懸命にする母を見ながら、兄と話し合い自宅のリフォームをすることになりました。
昔の作りの家だったため、段差が多く、今の母の状況では目が離せないと判断したためです。
段差をなくし、廊下やお風呂、トイレには手すりをつけてもらいました。
これらのお金は、兄と私で支払うつもりでしたが、母から加入している生命保険の給付金を使うように言われ、全て給付金で賄わせて頂きました。
母は、脳梗塞や心筋梗塞などを患った際、条件はありましたが上乗せで大きな費用がもらえる生命保険に入っていたのです。

母の給付金をあてにするのは気が引けましたが、結果としてバリアフリーや手すりは介護をすごく楽にしてくれて感謝しています。
母は何度も解約しようと考えたそうですが、その度に、もしも自分に何かあったら・・・と考えると、解約する事が出来ずにいたそうです。今回のことで母は「保険に入っていてよかった。入ってなかったらもっとあなたたちに迷惑をかけていた」と、涙を流していました。

入会の時にお世話になった社長さんには、その後何度も保険相談をさせて頂き、母はもちろん、私も兄夫婦と子供たちも不安になるといつも相談させて頂いております。
今回の給付は、事務の方でしょうか?女性の方からすごく優しく丁寧に対応して頂き感謝しています。
今後も色々とお世話になるかと思いますが、よろしくお願い致します。

※保険の内容や給付金請求に必要な書類は、入られている保険会社の商品や特約により異なります。
詳しくは、お手元の保険証券・約款などで詳細をご確認下さいませ。

全国のご相談窓口

一 覧
PAGE TOP