1. TOP
  2. お客様の声
  3. 「保険を持つと言う事は、安心を買うと言う事」

お客様の声 お客様の声

「保険を持つと言う事は、安心を買うと言う事」(川谷様 72歳女性)

ご加入されている保険の保障内容の確認でご来店されたお客様より、お手紙を頂きました。
皆様は、受取人様を誰に指定したか覚えておりますか?
離婚した配偶者様が受取人の際は、離婚していても保険金や給付金を受け取って頂くようになってしまいます。生命保険相談で保険の整理をして、いざと言う時のために家族に話しておきましょう。

川谷様のお持ちの保険

川谷様からのお手紙

お手紙をいただいたお客様のイメージ画像春暖の侯。ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
先日は、突然来店したにも関わらず、丁寧に対応して頂きありがとうございました。

「今、加入している保険の契約内容が分からない」
そんな悩みに対して、しっかりとお時間を作って頂き、とても嬉しかったです。ゆっくりと分かりやすく説明して頂いたおかげで、70歳を越えた私にもどんな内容の保険に入っているのか、すぐに理解することが出来ました。

保険を持つと言う事は、安心を買うと言う事なのですね。

実は、今まで何も考えずに保険料を支払い続けていました。私の支払う毎月の保険料が、見知らぬ誰かの保険金として支払われているのかと思うと、毎日家でゆっくりと過ごしている私ですが社会貢献をしているような気持ちになり、不思議と気分が良いものです。
今まで、正直心の中では「毎月こんなに支払ってもったいないな。無駄じゃないかな」と思い続けておりました。しかし、今は「この保険料が誰かの役に立っているんだ」と思うと、毎月の振り替えに解約しようかと悩む気持ちがなくなりました。

いつか、私も誰かがお支払してくれた保険料を、給付金として頂く日が来るのだと思います。その時は、支えてくれている見知らぬ誰かに感謝して受け取らせて頂きます。

また、私の加入している保険の受取人が、10年以上前に離婚した旦那になっていると教えて下さり、ありがとうございました。今まで病気1つしたことがなく健康でしたので、受取人が誰かなど気に留めたことがありませんでした。

今回は、先日印鑑を持っていなかったため提出出来なかった申請書類を郵送させて頂きました。息子にも、保険に加入していることを話し、もし何かあった時には連絡するようにと、頂いた名刺をそのまま託しています。これで、いつでも入院出来ますし、いつお迎えが着ても安心です。
とは言いましても、まだまだ元気にこの世で暮らしていくつもりです。せっかくなので、ひ孫の顔が見たいと思っています。子供に話したら、「気が早いけど、そのくらい長生きしてくれよ」と言われてしまいましたので、頑張らなければなりません。今、孫は12歳の小学6年生。あと10年〜20年くらい、晩婚化の時代ですので、下手したらもっと長生きしなければいけなくなるかもしれませんね。

食生活や運動など、健康に気を配りながら頑張っていきたいと思っております。保険の内容も確認してから、久しぶりに健康診断を受診しようかと、前向きに自分の身体について考えるようになりました。何も異常がなければよいのですが、何かあっても、早期発見早期治療になるよう、これからは毎年検診を受診しようと思います。

もし、健康診断で何か異常が出て入院や手術の必要が出ましたら、今度は給付金の申請の問い合わせを致しますので、その時はよろしくお願い致します。もちろん予約をして伺いますね。
社員の皆様も、健康にご留意の上、益々のご清栄をお祈りしております。

※保険の内容や給付金請求に必要な書類は、入られている保険会社の商品や特約により異なります。
詳しくは、お手元の保険証券・約款などで詳細をご確認下さいませ。

全国のご相談窓口

一 覧
PAGE TOP