1. TOP
  2. 保険のマメ知識
  3. 女性向けがん保険講座

保険のマメ知識 保険のマメ知識保険の基礎やよくある質問など保険のお役立ち情報

女性向けがん保険講座

女性向けがん保険講座女性の社会進出が目覚ましい昨今、女性特有の疾病を患う方が増えています。社会で活躍する一方で、女性の抱えるストレスや疲労が膨らみ、病気を引き起こす原因となってしまっているのです。

今では、乳がんや子宮がんも女性にとって身近な病気のひとつになりました。こんな時代だからこそ、ご自身のニーズにあった保険に加入することが大切です。
今回は、女性特有の疾病に特化した、女性向けがん保険についてご案内します。

女性向けがん保険とは?

・女性特有の病気等の保障額が高い保険
ざっくりご説明すると、女性向けがん保険とは、女性特有の病気等に対する保障が手厚い保険のことです。女性特有のがん(乳がん、子宮がん、卵巣がんなど)や、女性特有の病気など(子宮筋腫、帝王切開、流産など)にかかったとき、一般的ながん保険より保証金額が高くなります。
例えば、入院給付金や手術給付金が一般的ながん保険の1.5〜2倍であったり、入院保障日額が5000円プラスされたり、充実した保障が魅力です。(※保険プランによって制度が違います。)

・健康を祝う給付金付きプランが多い
加入する女性向けがん保険にもよりますが、がんにならなかった場合に健康を祝う給付金のボーナスが付くプランが多いのも特長です。
例を示すと、3年ごとに健康であれば5万から10万円の給付金が支給されるプランがあります。がんのリスクに備えながら、健康である自分にご褒美が戻ってくる嬉しい制度は、女性向けがん保険ならでは。

・保険料が少し高め
月額の保険料が、通常のがん保険より高めに設定されていることが多いです。やや高めの保険料は、女性向けがん保険のデメリットの一つとして捉えられがちですが、金額が高い分、女性特有の疾病の保障が手厚く、ボーナス給付金などの嬉しい特典があります。
家計費との兼ね合いもあると思いますが、「保険料ではなく、自分に見合った保険を選ぶこと」も保険選びのポイントです。

・女性向けがん保険によって、カバー範囲が違う
女性向けがん保険がカバーする範囲は保険プランによって違います。女性向けがん保険は、女性に特化した病気なら安心ですが、死因上位の他の病気に対するカバーが手薄の場合があるので注意が必要です。加入前にしっかりカバー範囲を確認しましょう。
ところで、2012年に女性の部位別罹患率(りかんりつ)は乳房がトップを占めていますが、子宮や卵巣周辺の部位は大腸、胃、結腸、肺などに比べ低い数字です。(※国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターのデータを参照。)ですから、必ずしも女性用のがん保険が適切とは限りません。男女兼用の一般的ながん保険が良いか、女性向けに特化したがん保険が良いかは、その方次第です。

そもそも、がん保険は必要?

そもそも、がん保険は必要?国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターのデータ(2012年のデータに基づく)によると、生涯でがんに罹患(りかん)する確率は男女ともに、二人に一人の割合です。日本国民の死因のトップを占めるがんを患う可能性は極めて高いことが分かります。万が一のリスクに備えて、がん保険の検討をされるのも良いでしょう。

また、がんは他の疾病に比べ、入院が長期化しやすく、再入院の可能性が高い病気です。そのため、治療費が高額になりがちです。給付日数に限度がある一般的な医療保険では、がんに備えるには心もとないでしょう。

保険の見直しと相談をしよう

保険の見直しと相談をしよう人生の節目ごとに自分に合った保険も変わります。現在保険に加入されている方も、一度ご自身の加入状況やニーズにあっているかを確認しましょう。保険がよく分からないと言う方はもちろん、現状の見直しは専門知識が豊富なプロに相談するのがおすすめ。相談することで、保険の疑問が解決し、現状や将来設計にあった具体的な保険選択肢が分かります。

当社では、他社および当社でお取り扱いのない保険の相談も承っておりますので、横浜にお越しの際はお気軽にご相談下さい。

*この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

全国のご相談窓口

PAGE TOP