1. TOP
  2. 保険のマメ知識
  3. 生活習慣病をご存知ですか?

保険のマメ知識 保険のマメ知識保険の基礎やよくある質問など保険のお役立ち情報

生活習慣病をご存知ですか?

生活習慣病をご存知ですか? 保険のカタログを見ていると「三大疾病」「五大疾病」「七大疾病」などの生活習慣病(成人病)の保障が目に入ります。医療保険の中に最初から組み込まれていたり、特約で手厚い保障をつけることも出来ます。中には、死亡保険にもこれらの病気で亡くなった場合には手厚い保障になるものもあります。
しかし、そもそも生活習慣病とはどのような病気なのでしょうか?

生活習慣病とは

生活習慣病(成人病)とは、毎日の生活習慣(食習慣、運動習慣、喫煙、飲酒、休養など)が積み重なり引き起こされる病気で、実は日本人の2/3近くの方々がこの病気で亡くなっています。生活習慣病の中でも、このような分類があります。

・三大疾病
日本の3大死因は、ガン、脳血管疾患(脳卒中など)、心疾患(急性心筋梗塞など)です。この3つの病気をあわせて「3大疾病」と呼びます。

・四大疾病
厚生労働省が地域医療の基本方針として、ガン、脳血管疾患、心疾患、糖尿病の4つの病気に対して、特に重点をおいて取り組むよう指示しました。

・五大疾病
2011年に、厚生労働省が、「4大疾病」に精神疾患を加えた5大疾病を、新しい医療計画として発表しました。

・七大疾病
日本人の羅漢率の高い7つの病気を7大疾病と言われています。ガン、脳血管疾患、心疾患、糖尿病、高血圧、腎不全、肝硬変。ここからガンを抜いて、「6大疾病」を手厚く保障している保険会社もあります。

生活習慣病の原因は?

生活習慣病の原因は?生活習慣病(成人病)は、誰もが患う可能性があります。遺伝が原因というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、実は毎日の生活習慣の積み重なりです。さらに、高齢になってからかかるものではなく、若くてもこれらの病気に悩まされている方がたくさんいます。そこで、生活習慣病(成人病)主な原因をご案内します。

・不規則な生活
毎日の食事の時間は決まっていますか?就寝時間、起床時間は決まっていますか? 大人になると、残業や仕事の付き合いでの飲み会など、不規則な生活を送りがちですが、これが積み重なると生活習慣病になる原因となります。

・過労、ストレス
血圧や血糖値は過労やストレスで上昇します。さらに、過労やストレスがたまると、免疫力が低下するため、感染症やガンにかかるリスクも。

・飲酒、喫煙
お酒とタバコは、ストレス解消としてたしなむ方が多いですが、お酒は度をこすとガンや糖尿病、高血圧、痛風などの生活習慣病を引き起こします。タバコは、ガンや動脈硬化、慢性閉塞性肺疾患などの原因になります。タバコは、吸っている本人だけではなく、周りの人にも影響を与えますので、喫煙の際は周囲への気遣いが大切です。

・運動不足
運動不足は不健康だということは周知の事実ですが、なぜ運動をしないと不健康と言われるのでしょう?それは、運動不足は肥満の原因だけでなく、血圧や血糖値、中性脂肪、コレステロールなどにも影響を与えるからです。運動不足は様々な病気の原因となります。

・食生活
和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本人の昔からの食生活はとても身体に良いものです。しかし、食生活が欧米化に変わり、肉、卵、バターなど動物性脂肪を摂る機会が増えました。その結果、がん、糖尿病、高脂血症、高血圧など様々な生活習慣病の患者を増加させる原因となっています。

・老化
人の身体は、年齢が上がるほど機能が衰え、病気にかかりやすくなります。若くても生活習慣病を患う方はいますが、年齢が上がるほど患者数は増えて行きます。若い頃から規則正しい生活をしておくと、年齢が上がってからも患う確率が低くなります。もちろん、確実にかからない保証はありませんが、少しでも規則正しく、食生活に気を付けて生きたいものです。

◆生活習慣病にかかると…

生活習慣病(成人病)にかかると、入院が長引いたり、入退院を繰り返すリスクが高くなります。脳卒中で下半身麻痺などになる確率もあり、患うと大変な思いをします。医療費の負担も重くなるほか、家をリフォームする必要性が出るなど、お金がいくらあっても足りません。 生活習慣病の特約は、病気の状態によって給付金がおります。例えば「脳卒中」と診断されただけでは出ず、どの程度の状態のものか(例えば60日以上労働の制限がある場合、言語障害や麻痺などが60日以上継続している場合など)、細かい規定があります。この規定は保険会社によって違いますので、入る前に確認し、病気になった時も確認する必要があります。

全国のご相談窓口

PAGE TOP