1. TOP
  2. 保険のマメ知識
  3. 生命保険の必要性

保険のマメ知識 保険のマメ知識保険の基礎やよくある質問など保険のお役立ち情報

生命保険の必要性

生命保険の必要性人生は、節目ごとにいくつかのライフステージに分けられます。
就職、結婚、出産など、環境の変化や家族構成の変化によって、
生命保険の必要性も変化します。
ライフステージが変わるときは、生命保険に加入したり、
既に入っている生命保険の見直しをするのに良いタイミングです。
ここでは、ライフステージ別の生命保険の必要性について記述致します。

社会人になったとき

生命保険は、怪我や病気など万が一のときのための保険です。健康で体力がある若いうちは、まだ生命保険は必要性を感じない方も多い傾向ですが、健康な人でも急に病気にかかったり怪我をしたりします。
また、一度大きな病気をしてしまうと、生命保険に入りにくくなってしまうケースがあります。ですから、若くても生命保険に入っておくことが大事なのです。

社会人になったということは、今後は自分の給料で生活をしていくことになりますから、しっかりと自分の目で保険を選ぶことをおすすめ致します。すでに以前から親が保険を掛けてくれている場合は、その生命保険の契約内容を見直してみましょう。

生命保険には、死亡したときの保障額が大きなものがありますが、独身の社会人であれば、自分が死亡した後の保障はそれほど大きな金額でなくても良いでしょう。死亡保障よりも、病気や怪我をしたときの医療保障が充実した生命保険を選ぶことが、選択肢としては適しています。

但し、親や兄弟を養っている場合は、自分が死亡した後残った家族の生活をサポート出来るような生命保険に加入しておくべきです。

結婚したとき

結婚したとき結婚は人生の転機ということから、生命保険の必要性を感じる方が多い傾向です。しかし、結婚後はこの生命保険に入るのがベストという決まったものはありません。

自分たちのライフスタイルや、将来設計に合わせた生命保険に加入することが大切です。共働きをするのかそうでないのか、両親と同居するのかしないのか、子供はどうするのかなどによって、夫婦ごとに必要な保障は異なります。

結婚後の生命保険は、医療保障も大事なポイントですが、死亡保障も大切なことです。例えば、夫婦のどちらかがが死亡したときに、残されたほうが経済的に困って生活できなくなってしまうことは避けたいですよね。このことから、結婚したときは死亡保障が大きい生命保険の必要性が高まると言えます。

子供が生まれたとき

子供が生まれると、生活費や教育費が多くかかるようになります。そのため、親にかかる経済的なリスクは、夫婦だけのときとは比べ物にならないくらい大きくなります。
生命保険の必要性は、さらに高くなり、ライフステージの中でもっとも生命保険の必要性が高まる時期と言っても良いでしょう。

生命保険を選ぶポイントは、これからどういう家庭を築いていくか、子供にはどういった教育を受けさせるかなど、今後の資金プランについてしっかりと考えてまとめることにあります。このようなプランも、家庭ごとに異なりますので、この保険に入れば正解という決まりきったものはありません。節目となるイベントごとにいくらお金が必要になるのかを、夫婦で話し合いよく考えましょう。

そして、子供が生まれた後は死亡保障が特に重要となります。子供の教育資金や、残った家族の生活資金を考えて、それに合った保障内容の生命保険を選ぶことが大切です。

住宅ローン組んだとき

住宅ローンを組むのもライフステージの一場面ですが、住宅ローンを組んだ後に死亡してしまった場合、残ったローンがどうなるのか不安だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、多額のローンを残して死亡した場合、家族にどんな影響が出るのか心配ですよね。

一般的には、住宅ローンを組んだときに同時に加入する団体信用性目保険があるので安心です。団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済途中で死亡などにより支払えなくなってしまったときに、生命保険会社が本人に代わって残高を支払うというものです。

住宅を購入する前から加入している生命保険が、住宅購入の費用を考えて設計されている場合、団体信用生命保険の加入によって住宅用の費用は必要なくなりますから、生命保険の見直しをすることをおすすめ致します。

退職したとき

退職後は、退職金や年金での生活になることを踏まえると、現役社会人の頃とはマネープランも環境も大分変わることでしょう。

子供が既に独立している場合は、子供の生活費などを考える必要性が無いため、自分の死亡後のお葬式代や残った配偶者の生活費をサポート出来る程度の保険で良いでしょう。

また、相続財産が不動産中心となるときには、相続財産の分割などで現金が必要になります。そのときにも生命保険を使うことが出来ますし、相続税の非課税枠がありますから、相続対策として生命保険に加入しておくこともおすすめです。

但し、健康状態によっては新しく生命保険に加入出来ない場合もあります。現在加入している保険の内容が充分ではないからといって、すぐに解約してしまうのは避けましょう。

全国のご相談窓口

PAGE TOP