1. TOP
  2. 保険のマメ知識
  3. 保険料のしくみ

保険のマメ知識 保険のマメ知識保険の基礎やよくある質問など保険のお役立ち情報

保険料のしくみ

保険料のしくみ いざというときに頼りになる生命保険。
健康な人でも、不慮の怪我をしたり、急に病気になることもあります。
そんな万が一のために毎月払い込む保険料。
その保険料の額は、どのような仕組み決められているかご存知でしょうか。

保険料の仕組みに関わる要素

生命保険の保険料は、「予定死亡率」、「予定利率」、「予定事業費率」の3つの予定基礎率をもとに計算される仕組みとなっています。

◆予定基礎率とは…
生命保険は一般に、保険金等の支払いに充てられる「純保険料」と、事業を運営していくために必要な経費等に充てられる「付加保険料」から成り立っています。純保険料は予定死亡率と予定利率から、付加保険料は予定事業費率から算出する仕組みです。この、死亡予定率と予定利率、負荷保険料の3つを保険料計算の「予定基礎率」と言います。

予定死亡率
予定死亡率とは、性別や年齢別に定められた死亡率のこと。過去の契約の死亡統計をもとにして作製された、性別や年齢ごとの死亡者数を予測した「生保標準生命表」を用いて、将来保険金等の支払いに充てるためにはどれくらいの額が必要になるのかを計算します。ちなみに、生保標準生命表は生命保険会社各社共通となっています。
この予定死亡率をもとにして計算されるのが、死亡保険料です。予定死亡率が低いと保険料が安くなり、予定死亡率が高いと保険料も高くなります。一般的に若い年代の保険料が安いのは、予定死亡率が低いということからきています。

予定利率
生命保険会社は、資産運用によって得られる収益を予想したときに、その収益が多くなることが見込まれるとその分だけ保険料を割り引く仕組みをとっています。この割引率のことを予定利率と言います。
予定利率をもとに計算されるのが、生存保険料です。満期保険金の支払い財源になる保険料です。予定利率が上がると、保険料が下がる仕組みです。

予定事業費率
予定事業費率とは、生命保険会社が事業の維持や管理などの運営に必要な諸経費をあらかじめ見込んで保険料の中に組み込む割合のことです。保険事業費を運営する上での必要な諸経費を具体的に挙げると、人件費・物件費・事務費・宣伝費などです。
予定事業費率は付加保険料を算出するときにもとになるもので、保険会社の経費となります。

※これらの予定率は、保険の種類や契約時期によって異なります。

保険会社が利益を得る仕組み

保険会社が利益を得る仕組み保険会社は、先に説明した3つの予定基礎率と、実際に支払った保険金の額や費用の差から生まれる「剰余金」によって利益が出る仕組みになっています。

死差益
予定死亡率に関係のある剰余金で、あらかじめ見積もった支払額よりも、実際に支払った保険金が少なかったことによって生まれる利益のこと。保険会社は、日本では死亡率は大体一定しているということと、会社の安定運用のために死亡率を高めに設定しています。ですから、常に死差益は発生するようになっています。

費差益
予定事業費率に関係のある剰余金で、事前に見積もった経費よりも実際に使った経費が少なかったことで発生する利益のこと。運用コストが低かった場合に発生する利益です。

利差益
予定利率に関係のある剰余金で、予定していた利率より高い利回りを達成すると発生する利益のこと。つまり、予定利率よりも運用成績が良かった場合に発生する利益です。

配当金が還元される仕組み

配当金が還元される仕組み剰余金のうち、一定割合の額が契約者に「配当金」として還元されます。 配当金というと、株式の配当金や預貯金の利息なども挙げられますが、生命保険の配当金はそれらとは本質的に性質が異なり、保険料の事後精算という位置づけになっています。
なお、生命保険商品には配当の分配がある仕組みの「有配当保険」と、配当のない仕組みの「無配当保険」が存在します。
さらに、有配当保険には「3利源配当タイプ」と「利差配当タイプ」の2種類があります。

3利源配当タイプ
3利源とは、予定基礎率(予定死亡率・予定利率・予定事業費率)のこと。3利源配当タイプは、毎年の決算において剰余が生じた場合に配当金として還元する仕組みの保険です。毎年配当型が一般的ですが、3年ごとに配当されるものもあります。

利差配当タイプ
予定利率よりも良い利回りで運用が出来たときの利益を、一定の年数ごとに通算し剰余が生じた分だけ配当金として還元される仕組み。3利源配当タイプよりも配当金が少なくなることもあります。5年ごと、3年ごと、毎年など、配当までの期間は保険商品によって異なります。

無配当保険
配当の分配がない保険。利益が生じた場合、契約者に還元されず保険会社の収益になる仕組みです。有配当保険よりも保険料が安く設定されることが多いです。

◆ 保険料がどのように運用されているか知りたいなら
このページでは、保険料の仕組みに付いて説明してきました。 毎月払い込んでいる自分の保険料がどのように運用されているか気になるという方や、気になる保険会社の資産運用の分配が知りたいという方も出てきたのではないでしょうか。
資産運用のデータは、生命保険会社のディスロージャー資料にて確認することが出来ます。
インターネットで閲覧可能となっていることが多いので、早速チェックしてみましょう。

全国のご相談窓口

PAGE TOP