1. TOP
  2. 保険のマメ知識
  3. 保険料の払込猶予期間と失効

保険のマメ知識 保険のマメ知識保険の基礎やよくある質問など保険のお役立ち情報

保険料の払込猶予期間と失効

保険料の払込猶予期間と失効 生命保険を契約した後は、保険料の払い込みが必要となります。決められた期日までに継続して保険料を払い込みましょう。
払込猶予期間が過ぎてしまった場合、自動振替貸付が適用されるか、契約が失効するかのどちらかになります。契約の失効とは、生命保険の効力がなくなってしまうことを意味します。
つまり、万一のときに保険金が受け取れなくなってしまうということです。
せっかくの生命保険契約を無駄にしないためにも、期日を守ってきちんと保険料を払い込むようにしましょう。

払込期月と払込猶予期間

月払いの場合
[払込期月]月ごとの契約応当日の属する月の1日から末日まで
[払込猶予期間]払込期月の翌月の1日から末日まで

半年払いの場合
[払込期月]半年ごとの契約応当日の属する月の1日から末日まで
[払込猶予期間]払込期月の翌月の1日から翌々月の月単位の契約応当日まで
(ただし、契約応当日が2月、6月、11月の各末日の場合には、それぞれ、4月、8月、1月の各末日まで)

年払いの場合
[払込期月]年ごとの契約応当日の属する月の1日から末日まで
[払込猶予期間]払込期月の翌月の1日から翌々月の月単位の契約応当日まで
(ただし、契約応当日が2月、6月、11月の各末日の場合には、それぞれ、4月、8月、1月の各末日まで)

月払いの例
契約日が4月15日で、月単位の契約応当日が15日の場合の払込期月と払込猶予期間は、以下のようになります。

4月15日・・・・・・・・・・・・・・・・・契約
5月1日~5月31日・・・・・・払込期月(5月15日=月単位の契約応当日)
6月1日~6月30日・・・・・・払込猶予期間
5月の保険料の払い込みが6月30日までに完了しなかった場合は、7月1日に生命保険の契約が失効します。

保険料の自動振替貸付

契約が失効してしまった場合でも、一定期間内(期間は保険会社などによって異なります)であれば契約を元に戻すことができます。これを復活といいます。
復活には、診査または告知と失効期間中の保険料の払い込みが必要となります。生命保険会社によっては、所定の利息の払い込みも必要となります。
また、契約失効後、減額や延長保険などへの変更をし、一定期間内(期間は保険会社などによって異なります)に手続きをした場合、変更前の契約に戻せることもあります。これを復旧といいます。復旧には、診査または告知と復旧部分の積立金の不足額の払い込みが必要となります。生命保険会社によっては、所定の利息の払い込みも必要となります。
復活や復旧により生命保険の契約を継続させた場合、保険料は契約時と変わりません。配当も継続しますので、新しく契約し直すよりも有利です。

失効した契約の復活と復旧

保険料の自動振替貸付とは、払込猶予期間が終わっても保険料の払い込みがなかった場合に、生命保険会社が自動的に保険料の立て替えを行う制度です。これにより、払込猶予期間が終わっても生命保険の契約を継続させることができます。自動振替貸付の金額は、解約返戻金の範囲内です。(※保険種類などによっては、自動振替貸付が適用されない場合があります。)

保険料の自動振替貸付にはいくつかの注意点があります。

立て替えられた保険料には、所定の利息がつきます。貸付利率は契約の時期などにより異なります。
立て替えられた分の保険料は、いつでも返済できます。全額でも一部でも可能です。
未返済のまま満期を迎えたり、被保険者が死亡したり、などの場合は、満期保険金や死亡保険金からその元金と利息が差し引かれます。
生命保険の継続を希望しない場合には、一定の期間内に解約や変更などの手続きをすれば、自動振替貸付を受けた後でも自動振替貸付がなかったものとされます。
契約者貸付と合わせた元利金が解約返戻金を上回ってしまうと、保険料の立て替えができません。よって、契約は失効します。

まとめ

まとめ生命保険は、保険料の払い込みが止まってしまうと効力を失ってしまいます。契約を失効させないためには、遅くとも払込猶予期間内には保険料の支払いを済ませるようにします。

払込猶予期間を過ぎてしまった場合、生命保険会社が解約返戻金の範囲内で自動的に保険料を立て替えてくれる自動振替貸付があります。これによって保障の継続が可能となります。

自動振替貸付で振り替えられたお金は、いつでも返済することができます。しかし、返済しないまま満期を迎えてしまった場合は、契約が失効してしまいますので注意が必要です。

失効した契約を復活させることも出来ますが、条件として失効期間中分の保険料の払い込み(利息が含まれることもあります)が必須となります。 基本的には、生命保険を契約したら期月までにきちんと保険料を払い込むことが重要です。万が一に備えて契約する生命保険ですから、契約を有効に継続するために、保険料を滞納することがないように気をつけましょう。

全国のご相談窓口

PAGE TOP