1. TOP
  2. 保険のマメ知識
  3. 生命保険とは?

保険のマメ知識 保険のマメ知識保険の基礎やよくある質問など保険のお役立ち情報

生命保険とは?

生命保険とは? "先のことを考えたら生命保険に入っておくのがいい"というのはわかっていても、「生命保険とは?」と聞かれると答えるのは難しいものです。生命保険を簡単に説明しますと、病気や怪我、介護や死亡など、予期しない出来事によって経済的に生活が困難になってしまった場合のための「備え」です。ここでは、そんな生命保険のことについて少し詳しくご説明致します。

生命保険のしくみ

生命保険は貯蓄のようなイメージもありますが、貯蓄とは異なります。自分が払った分が蓄積されるから万が一のときに使えるのではありません。自分が払い込んだものが困っている他人を助け、自分が困った時は他人の払い込んだものが使われる、「助け合い」が生命保険なのです。
大勢の人が少しずつ公平に負担しあって大きな共有の財産を作り、いざというときにその中から困っている人や家族にお金を出す、助け合いの精神「相互扶助」という形で成り立っています。

生命保険の役割

先に説明したように、いざというときのための「備え」になるのが生命保険ですが、将来的に必要となるお金を、必要な時期や目的に合わせて準備するための役割も担っています。このことから、生命保険は、単なる「備え」ではなく、自分や家族の生活を守る「生活保障」の役割を持っていると言えます。

生命保険の必要性

何気ない生活の中にも、現実には様々なリスクがあります。突然死亡してしまったり、事故に遭ったり、災害に巻き込まれてしまうという状態は、誰にでも起こり得ることです。長生きできたとしても、いつまでも元気でいられるかどうかはわかりませんし、生活するための収入が充分にないかもしれません。収入と支出のバランスは、一生を通して危険に晒されていると言っても過言では無いのです。
そこで、万が一のときにも経済的に困らないように準備しておく必要があります。そのための手段が、生命保険です。(生保と略称されることもあります。)
現在は、様々なニーズに対応して「財形貯蓄積立保険」や「個人年金保険」など、万が一のときの備えのほかにも要素がプラスされた生命保険も多いため、「生活保障」の役割が昔よりも一層強くなっています。

生命保険の特色

生命保険は、貯蓄機能と保障機能を持ち合わせているため、貯蓄とは異なる大きな特色があります。
死亡した場合、貯蓄(預貯金)では貯めていた分しか戻ってきませんが、生命保険は保障額が積み立てられていなくても確実に保障額を受け取ることができます。貯金も将来のためには有効ですが、生命保険は保障の面でもより心強い見方となってくれることでしょう。

基本的な生命保険のモデル

多岐にわたる保険商品ですが、基本的には、死亡保険と生存保険の組み合わせによって設計されているのがほとんどです。

死亡保険
保険期間内に被保険者が死亡したときにのみ、保険金が支払われる保険。

生存保険
被保険者が満期を迎えたときに生存している場合に、保険金が支払われる保険。

生死混合保険
死亡保険と生存保険を重ね合わせた保険。被保険者が保険期間の間に死亡したときには死亡保険金が支払われ、満期を迎えたときに生存している場合には生存保険金が支払われます。

現在の主な生命保険の種類

現在発売されている保険商品には様々な種類があります。ここでは、その主なもの8種類の商品をご紹介します。

定期保険
契約のときに保障期間を定める保険で、契約終了を迎えても返戻金のない保険。貯蓄性がほとんどないため、「掛け捨て保険」と言われています。その代わり、貯蓄型の保険と比較すると保険料が安いという特徴があります。

 

養老保険
一定の保障期間が決められていて、満期を迎えたときに死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる保険。満期のときに必ず保険金が支払われるので、保険料にはそのための積み立ての分も含まれます。よって、貯蓄性のある生命保険の中では、保険料がもっとも割高になります。

 

終身保険
契約期間の終了がない保険。平均寿命が伸びるにつれ、定期保険や養老保険では、老後を迎える前に保険期間の満了が来てしまうことが多くなったという状況が背景にあります。保険料は高めですが、貯蓄性は定期保険よりも高いのがメリットです。

 

定期保険特約付終身保険
正式には「定期保険特約付き終身保険」といいます。この保険は、終身保険契約をベースとしていて、定期保険を特約の形で付加したものです。定期保険と終身保険を組み合わせることにより、自分が一生必要とする保障の準備と子供が成人するまでの一番お金が必要な時期の保障の準備が、比較的安い保険料でできるという特徴を持っています。世帯主(男性)を主な被保険者として設計されていますが、現代では女性が加入することも少なくありません。

 

アカウント型保険
保障部分と積立金部分に分かれた設計になっている保険。アカウントとは「口座」を意味していて、銀行の預金口座に似た積み立て部分があるという意味でこの名が付きました。利率変動型積立終身保険と呼ばれることもあります。毎月の一定料の保険料をまずは保障部分にあて、残りを積み立てとして貯蓄にあてるという仕組みになっています。

 

子ども保険
子どもを被保険者とする生存保険と、親を被保険者とする死亡保険を組み合わせた生命保険で、子どもの年齢や学校への入学時期に応じて祝い金の支払いがあり、満期を迎えたときに保険金が受け取れるような内容になっています。

 

個人年金保険
生存保険の一種で、一定期間払い込んだ保険料を積み立てた資金を原資として、後に契約で定められた額の年金を受けとれる保険です。

 

変額保険
死亡保険金額や解約返戻金、満期保険金の額が変動する保険。保険期間中に株式や債券などへの投資や運用(または投資信託)を行い、その成果によっては大きな保障を期待できますが、一方で株価や金利・為替などの変動により損失が生ずることがあります。

全国のご相談窓口

PAGE TOP